RSS

男女格差指数 タイ61位、日本104位

2014年11月2日(日) 20時40分(タイ時間)
【アジア】スイスに本拠を置く研究機関、世界経済フォーラム(WEF)が各国の男女格差を指数化した2014年版の「世界男女格差指数」で、調査対象の142カ国中、最も平等とされたのはアイスランドだった。タイは61位、日本は104位だった。

 2位はフィンランド、3位ノルウェー、4位スウェーデン、5位デンマーク、6位ニカラグア、7位ルワンダ、8位アイルランド、9位フィリピン、10位ベルギー。

 アジア諸国は59位シンガポール、60位ラオス、76位ベトナム、87位中国、97位インドネシア、107位マレーシア、108位カンボジア、114位インド、117位韓国――。

 指数は▼経済活動への参加と機会:給与、参加および指導的な地位▼教育:初等およびより高等な段階の教育を受けること▼政治権限:意思決定構造への参画▼健康および生存率:平均寿命および性比――を調査し、指数化した。

 タイは「経済活動への参加と機会」が26位、「健康および生存率」が1位だったが、「教育」が64位、「政治権限」が121位にとどまった。
《newsclip》

注目ニュース

【アジア】カード大手マスターカード・ワールドワイドが7日に発表した「女性の社会進出度調査」で、アジア・太平洋地域の14カ国・地域で社会・経済の男女格差が最も小さい国はニュージーランドだった。

特集



新着PR情報