RSS

予約率70%、バンコク屈指の人気イタリアン 「メディチ キッチンアンドバー」

2014年11月4日(火) 23時18分(タイ時間)
予約率70%、バンコク屈指の人気イタリアン 「メディチ キッチンアンドバー」の画像
予約率70%、バンコク屈指の人気イタリアン 「メディチ キッチンアンドバー」
予約率70%、バンコク屈指の人気イタリアン 「メディチ キッチンアンドバー」の画像
予約率70%、バンコク屈指の人気イタリアン 「メディチ キッチンアンドバー」
予約率70%、バンコク屈指の人気イタリアン 「メディチ キッチンアンドバー」の画像
予約率70%、バンコク屈指の人気イタリアン 「メディチ キッチンアンドバー」
予約率70%、バンコク屈指の人気イタリアン 「メディチ キッチンアンドバー」の画像
予約率70%、バンコク屈指の人気イタリアン 「メディチ キッチンアンドバー」
予約率70%、バンコク屈指の人気イタリアン 「メディチ キッチンアンドバー」の画像
予約率70%、バンコク屈指の人気イタリアン 「メディチ キッチンアンドバー」
予約率70%、バンコク屈指の人気イタリアン 「メディチ キッチンアンドバー」の画像
予約率70%、バンコク屈指の人気イタリアン 「メディチ キッチンアンドバー」
 日本人エクゼクティブの居住が多いバンコク・ランスワン通り。スクムビット通りより入って100mほど左手、Muse Hotel(ミューズホテル)が現れる。

 このホテル、まずエントランスを入ると広がるのがヨーロッパの貴族館(マンション)のような天井そして内装。1920年代、時のタイ国王ラマ5世が外交でヨーロッパを訪問された時代にご覧になられた姿を再現をしているそうだ。スタッフが着用しているユニフォームもその時代を反映したクラシックな装い。

 当時の様子を再現した重厚な階段を下りていくと広がるのが今バンコクで最も平均予約率が高い人気のイタリアンレストラン Medici Kitchen & Bar(メディチ キッチンアンドバー)となる。

 メディチと言えばイタリアの芸術復興(ルネッサンス)を支えた銀行家でありミケランジェロやボッティチェリといった巨匠を生み出している。一族の中からフランス王室へ嫁いた女性もおりイタリアの食文化とフォークをフランスへ広めた一端も担っていた。その偉大なMedici家を名前につけたレストランは開店して瞬く間にバンコク屈指の人気レストランとなった

 「それぞれの素材の味を生かしたイタリア料理です」。

 シェフ・ニコリーノはイタリアの背骨ともいえるアペニン山脈の裾野とアドリア海が近接する町の出身。山の幸にも海の幸にも豊かに恵まれた地で生まれ育った味覚の確かなシェフは「素材を生かす、というのは和食の特権や醍醐味のように言われますが、イタリアンでもできることです。と言ってもバンコクのイタリア料理店で『素材を生かした』という文言で多いのは素焼きしたもの、生で食べるもの、といった、確かに素材の味は生きていますが、調理面での工夫はどうかなあ、と思います」と敵情視察もよくしている。

 人気料理を紹介しよう。

 「まずはエビとツナのタルタルサラダ。コクを出すためにイタリアでよく取れるアボガドを合わせています。こちらに地中海のシーフードをおいしく食べるために発明されたソースのマヨネーズとイタリア料理の象徴ともいえるトマトピューレを合わせたオーロラソースで合わせています。ワインがお好きなお客様はきりっと冷えた辛口白ワイン、お酒は強くないという方には特製カクテルと合わせたご注文が非常に多いメニューです」。そのまま食べてももちろん美味しいが、薄目固めのパンに乗せてカナッペのように気軽にスパークリングワインと合わせて食べるとエビの旨みが引き立ちオーロラソースも洗い流されてさっぱりといただける。

 「赤ワインと合わせると最高、と特に評判の高い一品です」と続くのがフォアグラのリゾット。「リゾットというと世界中のイタリア料理店で牛乳やミルクを投入していますが、これは本来のリゾットとはかけ離れています。本来はバターで粉状のチーズをゆっくり炒めてクリームのようにし、そこへお米を入れるものです。当店ではバターではなくフォアグラの脂肪そのものを使って調理しているため、非常に濃厚な味わいが楽しめます。また、今はちょうどポルチーニやトリュフといったキノコの季節ですので、このリゾットにさらに香りと歯ざわりを足しました」。もちろんふわふわのフォアグラがトッピングとして鎮座。それぞれの素材の味が強烈に絡み合うこの一品に負けないようなフルボディーの赤ワインでどんどん楽しんでほしい。

 最後はチョコレートアソート。なんと「僕にデザートを教えてくれた師匠は日本人です」とのこと。どういう経緯で? 「ロンドンのイタリアンレストランで勤務をしていた時にコンフェクショナー(菓子職人)が日本人でした。お皿をキャンバスに見立て、ある日は水彩画を描くように色とりどりの花を使って華やかに、そういう時は軽やかさわやかさが味のキーポイントでした。ある日はジオラマのような3Dの立体感を持ったものを。こういうときは重厚で濃厚なお菓子、というのが僕の持った印象です。味や食感が遊び心と創造性で食べる前から実感できること、それを生み出す手先の器用さには舌を巻きました」。実に日本人職人らしいエピソードだが、それをヒントにしながらのチョコレートアソートは華やかな盛り付けをしつつ、カカオの苦味を残し大人のチョコレートとするもの、チョコレートのイメージを踏襲する甘くミルクの味のするもの、割ると溶岩のようにチョコレートが流れ出して来るもの、と様々なチョコレートが楽しめるようになっている。

 平日でも予約率70%で空席ももちろんすぐ埋まる人気店、ぜひその実力と味わいを楽しんでほしい。

ニュースクリップ読者限定プロモーション!

 予約時に「ニュースクリップを見た」というとお食事代5%オフで提供いたします。ご注文時にもスマートフォンでこの記事を提示してください。2014年11月末まで有効

Hotel Muse
Italian Restaurant Medici Kitchen & Bar

住所
55/555 Langsuan Road, Lumpini, Pathumwan, Bangkok 10330

電話
02-630-4000

営業時間
12:00―14:30 
18:00―22:30
平日およびタイ独自の祝祭日もランチセットあり。ランチも念のため予約がベター。
《newsclip》

特集



新着PR情報