RSS

レノボのモトローラ買収完了、世界3位のスマホメーカーに

2014年11月5日(水) 13時06分(タイ時間)
【中国】パソコン世界最大手メーカーの聯想集団(レノボ・グループ:992/HK)は30日、携帯端末大手モトローラ・モビリティの買収が完了したことを明らかにした。

 これにより、同社は世界のスマートフォン市場で3位に浮上。今後は韓国サムスン電子と米アップルの上位2社を追い上げる構えだ。

 レノボは米グーグルから29億1000万米ドル(約3234億円)で、モトローラの全株式を買収。年内にスマホやタブレット端末などモバイル端末の販売台数を1億台以上に引き上げる考えだ。経営のテコ入れを通じ、4~6四半期内にモトローラの黒字化を目指す。

 レノボは主力のパソコンからスマートフォンなどへと事業領域を拡大する「PCプラス」戦略を推進中で、今回の買収もその一環。先ごろも米IBMから低価格サーバー事業の買収を終えたばかりだ。この買収により、レノボは「x86サーバー」と呼ばれる低価格サーバー市場でも世界3位に躍進している。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【中国】米経済誌「フォーブス」は7日に発行した中国語版で、「2014年中国上場企業報酬ランキング」を発表し、香港上場企業では聯想集団(レノボ・グループ:992/HK)CEOの楊元慶氏(47歳)が最高の1億3022万人民元...

【中国】パソコン(PC)世界最大手の聯想集団(レノボ・グループ:992/HK)は14日、第1四半期(14年4~6月)の業績を発表し、純利益が前年同期比22.8%増の2億1350万米ドル(約219億900万円、希薄化EPS:0.0203米ド...



新着PR情報