RSS

62歳タイ男性が寺で服毒自殺か 同棲相手男性の葬儀中

2014年11月6日(木) 13時01分(タイ時間)
【タイ】5日午後、タイ東部チョンブリ県の仏教寺院ワット・サタヒープで、タイ人男性(62)がトイレの床に倒れ死亡しているのがみつかった。現場で除草剤の空き瓶がみつかっており、警察は自殺とみて詳しい状況を調べている。

 男性は元銀行員で、10年以上前から、チョンブリ県内で海軍兵士のタイ人男性と暮らしていた。同棲相手の男性は今月2日、がんで死亡し、5日にワット・サタヒープで葬儀が行われていた。タイ字紙タイラットなどが報じた。
《newsclip》

注目ニュース

発砲で夫婦と次男死亡、無理心中か タイ北部newsclip

【タイ】21日朝、タイ北部ウタイタニ県の民家で、住人のタイ人男性(52)と妻(38)、次男(13)の3人が銃で撃たれ死亡しているのがみつかった。

【タイ】タイのテレビ報道によると、17日、タイ中部ナコンパトム県の民家で、住人のタイ人男性(39)とペットのダルメシアン種のイヌが銃で撃たれ死亡しているのがみつかった。警察は男性がイヌを道連れに無...

クロントイ市場の魚屋が無理心中か 夫婦と長女死亡、次男重体newsclip

【タイ】10日朝、バンコク都内クロントイ区の民家で発砲事件があり、住人のタイ人男性(52)と事実婚の妻(45)、長女(2)の3人が死亡、次男(15)が重体となった。



新着PR情報