RSS

ホーチミン市でデング熱流行拡大

2014年11月7日(金) 01時08分(タイ時間)
【ベトナム】ベトナム南部のホーチミン市周辺でデング熱の流行が広がっており、同市保健当局によると、過去1カ月で患者数は1000人を超えた。ベトナムの声放送が6日伝えた。

 ホーチミン市ではデング熱による入院患者が年初来3000人に達し、うち5人が死亡した。流行はビンチャイン郡など一部地域に集中しているという。
《newsclip》

注目ニュース

【中国】中国各地でデング熱の感染が広がっている。

【マレーシア】マレーシアでデング熱が例年を上回る流行を見せており、年初来の死者数は9月末までに149人、患者数は7万7527人を数え、死者数、患者数ともに昨年の3倍を超えている。マレーシア各紙が伝...

【タイ】タイ保健省によると、1月1日―8月31日に報告があったデング熱、重症型のデング出血熱とデングショック症候群の患者数は合計2万2903人で、このうち23人が死亡した。



新着PR情報