RSS

昭和電工、マレーシアのアルミ鋳造工場が量産開始

2014年11月7日(金) 01時08分(タイ時間)
【マレーシア】昭和電工がマレーシアのジョホール州に建設したアルミニウム鋳造工場が完成し、6日、竣工式が行われた。昭和電工グループ初の海外のアルミニウム鋳造拠点で、11月中に量産を開始する。

 新工場はアルミニウム連続鋳造棒を製造し、鍛造用の素材として外販するほか、昭和電工の鍛造工場で、自動車用コンプレッサーやエンジンピストン、サスペンションなどの部品として鍛造加工する。

 昭和電工は福島県喜多方市に鋳造・鍛造の一貫生産工場、ポルトガルとシンガポールに鍛造工場がある。東南アジアでは新工場とシンガポール工場で、鋳造から鍛造までの一貫生産体制が整った。
《newsclip》

注目ニュース

【ベトナム】昭和電工は8日、全額出資子会社の昭和アルミニウム缶と共同で、ベトナムのアルミニウム缶メーカー、レグザム・ハナキャンズの株式91・75%を取得すると発表した。

【シンガポール】昭和電工は9日、同社の高橋恭平代表取締役会長がシンガポール政府から勲章を授与されたと発表した。

【マレーシア】昭和電工は9月28日、マレーシアに全額出資子会社「ショウティック・マレーシア」(資本金12億円)を設立し、同国ジョホール州にアルミニウム鋳造工場を新設すると発表した。2014年からア...



新着PR情報