RSS

JSP、タイと中国で発泡ポリプロピレン新工場

2014年11月14日(金) 02時23分(タイ時間)
【タイ、中国】JSP(東京都千代田区)はタイ中部サムットプラカン県のアジア工業団地と中国湖北省武漢市の武漢経済技術開発区に発泡ポリプロピレンの工場を新設する。

 サムットプラカン工場は年産能力1800トンで、2016年1月に生産を開始する予定。投資額は約6億円。

 武漢工場は年産能力3000トンで、2017年1月生産開始の予定。投資額約12億円。

 JSPは衝撃緩衝用バンパーコア材、シートコア材、内装材といった自動車部品のほか、IT製品輸送用通い函、家電製品用緩衝材、競技用グラウンド基礎緩衝材などを製造販売。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】積水化成品工業のタイ子会社積水・プラスチックス(タイランド)はタイ中部サラブリ県のへマラート・サラブリ工業団地に工場を設け、3月から発泡スチロールや高機能発泡プラスチックス成形品を生産する...

【タイ】バンコクの新築高層マンションの壁の中身がセメントではなく発泡スチロールや紙だったとして、このマンションを購入した外国人男性が不動産ディベロッパーに抗議している。

特集



新着PR情報