RSS

捨てられたVCD販売で収監 バンコクのごみ回収作業員に救いの手

2014年11月16日(日) 14時20分(タイ時間)
捨てられたVCD販売で収監 バンコクのごみ回収作業員に救いの手の画像
捨てられたVCD販売で収監 バンコクのごみ回収作業員に救いの手
写真提供、Cathay Mee
捨てられたVCD販売で収監 バンコクのごみ回収作業員に救いの手の画像
捨てられたVCD販売で収監 バンコクのごみ回収作業員に救いの手
写真提供、Cathay Mee
【タイ】バンコク都庁のごみ回収作業員の男性(28)が、捨てられた音楽CD13枚、映画のVCD83枚を回収、販売したとして、映画ビデオ法違反に問われた裁判で、タイ最高裁判所は13日、1、2審の判決を支持し、男性に罰金13万3400バーツの支払いを命じた。

 男性は罰金を支払えなかったため、667日の禁錮刑を受け、即日収監された。同日夜、匿名の人が代理人を送って男性の罰金を肩代わりし、男性は翌14日朝、釈放された。スクムパン・バンコク都知事も罰金の肩代わりを申し出たが、罰金はすでに支払われていた。タイのテレビ番組は、プミポン国王の長女、ウボンラット王女の財団も罰金の肩代わりを申し出たと報じた。

 出所した男性は一夜のうちに頭を剃っていた。刑務所前で出迎えた男性の娘(11)は男性に飛びついて釈放を喜んだ。

 男性は2008年に逮捕された。裁判ではVCDを販売したことを認めたが、違法とは知らなかったと主張。タイ弁護士協会の弁護士が無料で弁護にあたったが、1、2審で有罪判決を受けた。

 タイのテレビでは、男性が父母、妻子と一緒に暮らし、ゴミ回収作業員として働く様子が放送され、男性に同情する世論が高まっていた。

 タイでは海賊版CDなどが露店などで大量に販売されているが、摘発されるケースは少ない。
《newsclip》


新着PR情報