RSS

中国:山東省の食品工場で火災、18人が犠牲に

2014年11月18日(火) 11時56分(タイ時間)
【中国】山東省寿光市で青果加工工場が火災に見舞われ、逃げ遅れた18人が死亡した。このほか4人の安否が分かっていない。

 現場は化龍鎮裴嶺村の龍源食品公司。16日午後7時ごろ、ニンジンの包装ラインから出火し、通報を受けて駆け付けた消防隊によって約2時間半に消し止められた。

 当時は140人が働いていた。105人の安全が確認され、残り13人が病院で治療を受けている。経営者はすでに身柄拘束された。

 1998年に家族経営企業として設立された龍源食品公司は、低農薬農地5000ムーを保有。ニンジン、タマネギ、ネギ、ショウガ、ハクサイ、馬鈴薯などを生産する。敷地面積は1万5000平米、生産能力は5万トン(加工ライン12本)。主に東南アジア、日本、韓国、ロシア、カナダなど海外に製品を出荷している。従業員の総数は約200人、固定資産の総額は380万人民元。
《亜州IR株式会社》

特集



新着PR情報