RSS

三鈴、ラオスで電線用導体製造

2014年11月20日(木) 17時12分(タイ時間)
【ラオス】国際協力銀行(JBIC)は19日、電線用導体メーカー、三鈴(大阪府大東市)に対し、三菱東京UFJ銀行と総額300万ドルの協調融資を行うと発表した。JBICの融資分は200万ドル。

 三鈴は今年4月にラオス法人を設立した。融資で調達した資金はラオスでの電線用導体製造事業に充てる。

 三鈴の製品は家電、胃カメラや内視鏡用のケーブルなどに利用されている。
《newsclip》

注目ニュース

【ラオス】IHIインフラシステム(大阪府堺市)は29日、関西電力などが出資するラオスの水力発電プロジェクト「ナムニアップ1水力発電所」の事業会社ナムニアップ1パワーから、ナムニアップ1水力発電所の...

【ラオス】北朝鮮を脱出し、中国、ラオス、タイ経由で韓国行きを目指していた脱北者6人が今月16日、ラオス北部のルアムナムター地区の検問所で逮捕されていたことが分かった。韓国の聯合ニュースが伝えた。

【ラオス】三菱自動車はラオス政府に電気自動車「アイ・ミーブ」2台を寄贈し、16日、ビエンチャンで納車式が行われた。

【ラオス】国際協力銀行(JBIC)は19日、関西電力などが出資するラオスの水力発電プロジェクト「ナムニアップ1水力発電所」の事業会社ナムニアップ1パワーに総額6億4300万ドルの協調融資を行うと発...

【タイ】タイ軍事政権は29日の会合で、総額2兆4000億バーツの交通インフラ整備計画(2014―2022年)を承認した。

グーグル、ラオスで「ストリートビュー」撮影開始newsclip

【ラオス】インターネット検索大手グーグルは23日、街の様子を撮影した360度のパノラマ画像をインターネット上で閲覧できる地図情報サービス「ストリートビュー」のラオス版作成に向け、特別車両による撮影...



新着PR情報