RSS

マレーシアの自動車初期品質調査、トヨタが2部門でトップ

2014年11月23日(日) 12時14分(タイ時間)
【マレーシア】米調査会社JDパワーがまとめた「2014年マレーシア自動車初期品質調査(IQS)」で、トヨタが3部門中2部門で1位になった

 2013年8月―2014年5月にマレーシアで新車を購入したユーザー3070人に購入後2―6カ月の不具合状況を聞き、100台当たりの不具合指摘件数(PP)として算出した。数値が小さいほど不具合指摘が少なく、品質が良いことを示す。2014年の平均は82PPで、2013年の88PPから改善した。

 セグメント別の結果はエントリーミッドサイズカー部門(平均88PP)が1位トヨタ「ヴィオス」64PP、2位日産「アルメーラ」68PP、3位ホンダ「シティ」73PP。

 ミニバン、バン部門(平均98PP)が1位トヨタ「アバンザ」38PP、2位日産「グランドリヴィナ」77PP、3位プロトン「イグゾラ」109PP。

 ピックアップトラック部門(平均55PP)が1位いすゞ「Dマックス」40PP、2位トヨタ「ハイラックス」53PP、3位フォード「レンジャー」54PP。
《newsclip》

注目ニュース

【ベトナム】米市場調査大手JDパワーがベトナムの自動車正規販売店のアフターサービス(整備、修理など)を調査した「2014年ベトナム自動車サービス満足度(CSI)」調査で、トヨタ自動車が1000点満...

【ベトナム】米調査会社JDパワーがベトナムで新車を購入した際の販売店の対応に関する顧客満足度を分析した「2014年ベトナム自動車セールス満足度(SSI)調査」で、ホンダが1000点満点中857点で...

【マレーシア】米調査会社JDパワーがマレーシアで新車(量販ブランド)を購入した際の販売店の対応に関する顧客満足度を分析した「2014年マレーシア自動車セールス満足度(SSI)調査」で、トヨタが10...

【タイ】米調査会社JDパワーがタイで新車を購入した際の販売店の対応に関する顧客満足度を分析した「2014年タイ自動車セールス満足度(SSI)調査」で、トヨタが1000点満点中906点で1位になった。



新着PR情報