RSS

会計・ERP・人事・給与パッケージ Triangle Soft Co., Ltd.(Crystal Softアライアンス会社)

2014年11月26日(水) 02時37分(タイ時間)
会計・ERP・人事・給与パッケージ Triangle Soft Co., Ltd.(Crystal Softアライアンス会社)の画像
会計・ERP・人事・給与パッケージ Triangle Soft Co., Ltd.(Crystal Softアライアンス会社)
会計・ERP・人事・給与パッケージ Triangle Soft Co., Ltd.(Crystal Softアライアンス会社)の画像
会計・ERP・人事・給与パッケージ Triangle Soft Co., Ltd.(Crystal Softアライアンス会社)
会計・ERP・人事・給与パッケージ Triangle Soft Co., Ltd.(Crystal Softアライアンス会社)の画像
会計・ERP・人事・給与パッケージ Triangle Soft Co., Ltd.(Crystal Softアライアンス会社)
Ms. Yuwadee Saekoay (Managing Director)

AEC発足、タイローカルERPからASEAN標準ERPへ域内のハブとなるべきタイ

 2015年に発足となるASEAN経済統合体(AEC)。域内関税の撤廃で国家間の貿易・取引・投資がより自由・活発になるにつれ、求められてくるのは決済方法や電子データ交換などの統一、標準化だろう。IT(情報技術)への積極的な取り組み、投資立国としての実績、製造業の集積などが評価されるタイこそ、AEC域内のIT取引市場でハブとなるべき国であり、国内の関連機関・企業が達成に向けて動き出している。

 通信およびデジタルコンテンツの充実によって発展を遂げるIT。タイは日本や欧米諸国と比較するとインターネット速度も遅く、通信環境ではまだまだ発展の余地があるのは周知のとおり。しかしその一方で、ITへの取り組みは積極的という評価を得ている。企業のみならず政府関連機関の主導・支援があってこそのハブという地位の確立であり、ITという大きな枠組の中で官民が協力して努力を続けている。今後さまざまなプロジェクトが立ち上がってくるだろう。

 タイ国内ではその前段階の現在として、National Payment Message Standard(NPMS)プロジェクト、電子データ交換システムのトライアルプロジェクトなどの開発に取り掛かることが発表されている。
AEC発足は、弊社にとっても事業拡大の契機と捉えている。

 ITの中でもERPや会計ソフトといった決済にかかわるシステムは、当然のことながら当地の商習慣に合致したものが必要とされるし、また、国際財務報告基準(IFRS) の準拠を求められている。

タイは周辺諸国同様、アセアンスタイルまたはオリエンタルスタイルと呼んでいいかと思われるが、欧米諸国の決済方法とは異なるきめ細かな決済処理がある。

 アセアンスタイルで特徴的な決済方法の一つに、「Partial Document Management」がある。日本にもあり得るであろう、一枚の発注書(PO)に対する分割払いだ。タイでトップクラスのIT企業を自負する我々、クリスタルソフトが開発するERPは当然、複数のPOからの部分請求、部分支払いという処理が可能としている。各国の税制への対応も重要な課題の一つだ。付加価値税(VAT)一つをとってみても税率が異なり、AEC発足によって国家間の取引が増えれば増えるほど、処理が煩雑になってくる。また、相手の国・地域によって異なる関税率の問題もなくなるわけではない。統一されるのはAEC域内のみだからだ。弊社システムはその点においても柔軟であり、適宜変更が可能だ。

 もちろん、アセアンスタイルというのは似たような商習慣の総称であって、決して統一された会計方式ではない。弊社システムも柔軟に対応できるとはいえ、達成すべき課題はまだまだある。

 これらの各国商習慣、税制などの独自性をカバーできるアセアンスタイルのERP構築が必要と考えているし、この一端を担うのが、クリスタルソフト・グループだ。

 ERP開発を続けて20年。中でも「Forma ERP」や「Formula ERP」は会計処理、財務諸表作成、営業処理、在庫管理、生産管理など、機能と操作性で高い評価を受け、導入ライセンス約1,000、導入成功率95%以上を誇り、弊社全製品のインストールサイトは約2万に及ぶ。

 ただ単にシステムを開発・販売するだけでなく、技術と知識を持ち合わせたプロチームを結成、コンサルタント業務にも力を入れている。

 弊社グループはこれらの動向を踏まえた、「信頼性・安定性・安全性」がさらに引き上げられ、「変更性・拡張性」といった顧客のビジネスの形態に適宜対応しうる、「地域商習慣順応・コンプライアンス順守」を実現し、ビルトインビジネスインテリジェンスでスマートなデザインも兼ね備えたシステムの開発に努力している。

 その一つに「Cloud Report」という機能がある。携帯やタブレットといったアンドロイド端末でアイコンをタップしてログイン、ERPとリンクされた情報を閲覧およびアップデートする。受発注や店舗販売時点情報管理(Online POS)などが可能で、近日中の発表が予定されている。

 このようなシステムの開発が、AEC域内でのタイのハブとしての地位の確立に貢献できればと願っている。そしてクリスタルソフト・グループ製のERPパッケージが、将来のAEC標準のひとつのベストチョイスとなるべく、開発の努力を続けていく。

Triangle Soft Co., Ltd.
住所:1213/237 Ladprao 94, Ladprao Road, Pluppla, Wangthonglang, Bangkok 10310
電話:0-2934-4208 内線106(英語・タイ語)
英語・タイ語 : Ms. ユワディ(Yuwadee Saekoay)081-653-4082 
日本語   : 杉山 085-109-0108 japanese@trianglesoft.co.th
ウェブサイト:www.crystalsoftwaregroup.com/jp www.trianglesoft.co.th/jp
《newsclip》


新着PR情報