RSS

エアバスの最新鋭機A350XWB、初来タイ

2014年11月26日(水) 15時24分(タイ時間)
エアバスの最新鋭機A350XWB、初来タイの画像
エアバスの最新鋭機A350XWB、初来タイ
写真提供、Airbus
エアバスの最新鋭機A350XWB、初来タイの画像
エアバスの最新鋭機A350XWB、初来タイ
写真提供、Airbus
エアバスの最新鋭機A350XWB、初来タイの画像
エアバスの最新鋭機A350XWB、初来タイ
写真提供、Airbus
【タイ】欧州航空機大手エアバスの最新鋭旅客機「A350XWB(エクストラ・ワイド・ボディ)」が24日、バンコクに初めて飛来した。

 25日に航空会社、政府、報道機関などの関係者を乗せ試験飛行を行い、性能をアピールした。タイ国際航空はA350XWBを8機リースし、4機購入する予定。

 A350XWBの来タイはソウル、東京、ハノイなどアジア5都市をめぐる売り込みツアーの一環で、バンコクの後はクアラルンプールに向かう。

 A350XWBは中型ワイドボディ機で、航続距離は約1万5000キロ。座席数276―369。従来型機に比べ、1座席あたりの燃費が最大25%向上した。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】「エアバスA300―600型機を900万バーツで。解体、輸送費は買い手持ち」――。

【マレーシア】マレーシアの格安航空会社、エアアジアの長距離部門エアアジアXは20日、エアバスA330-300旅客機25機を発注したと発表した。今後の路線拡張に投入するとみられる。

【中国】傘下の空客天津総装公司(Airbus Tianjin Final Assembly Company)を通じて、航空機世界大手のエアバスが天津市で増産を進めている。年産能力は46機。月産4機のペースで組み立てて出荷する。

【タイ】タイ政府は25日の閣議で、欧州航空機製造大手エアバス製のA320CJ型機1機のタイ空軍による購入を承認した。予算は34・4億バーツ。要人用だとしているが、詳細は不明。



新着PR情報