RSS

中国:新疆で最大級のモリブデン鉱床を発見、金属量57.3万トン

2014年11月27日(木) 14時02分(タイ時間)
【中国】新疆ウイグル自治区のイリ・カザフ自治州タルバガタイ地区チャガントカイ県でこのほど、大規模なモリブデン鉱床が発見されたようだ。

 新疆日報が25日付で伝えた。08年から新疆地質探査局と地元企業の格爾木金商鉱業公司が共同で30平方キロメートルの鉱区を調査・測量した結果、57万3000トン(うち富鉱は13万トン、平均品位は0.187%)のモリブデン金属量が確認された。同自治区で発見されたモリブデン鉱床で最大となる見通しだ。現在のモリブデン価値で算出した経済価値は富鉱だけで200億人民元、全体では600億人民元となる計算。地元チャガントカイ県や同自治州タルバガタイ地区に波及する経済効果は計り知れないという。

 希少金属のモリブデンは、冶金、機械、化学工業、軍需産業、宇宙産業などの分野で応用されている。全世界のモリブデン鉱は大多数が中国に集中しており、中でも新疆のクルム市、グルジャ市、ボルタラ・モンゴル自治州、アクス市などの地域に分布しているという。
《亜州IR株式会社》


新着PR情報