RSS

富士電機、シンガポールの低圧配電盤メーカー買収

2014年11月28日(金) 02時36分(タイ時間)
【シンガポール】富士電機(東京都品川区)は27日、シンガポールを拠点に低圧配電盤(開閉装置・制御装置)を製造販売するSMBエレクトリックの全株式を大崎電気工業から約99億円で取得すると発表した。アジア事業の強化が狙い。

 SMBエレクトリックはシンガポール、マレーシア、オーストラリア、インドネシアで子会社13社を展開。低圧配電盤と通信装置盤の有力メーカーで、データセンター、商業施設、工場設備など向けに多くの納入実績がある。2013年の売上高は1億1000万シンガポールドル(約98億円)だった。従業員約690人。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】富士電機は20日、中国、東南アジア向けの新型自動販売機「ツイスター」を販売すると発表した。

【タイ】富士電機は30日、タイ中部パトゥムタニ県に建設したパワーエレクトロニクス応用製品の新工場が稼働を始めたと発表した。

【ミャンマー】富士電機はミャンマー最大の都市ヤンゴンに駐在員事務所を開設し、1日、業務を開始した。市場動向やインフラ投資計画などの情報収集、商社、メーカーなどの日系企業、工事業者、現地顧客との関係...

特集



新着PR情報