RSS

東南アジア最高、高さ615メートルの超高層ビル バンコク地下鉄ラマ9世駅前に建設

2014年11月30日(日) 21時15分(タイ時間)
「スーパータワー」完成予想図の画像
「スーパータワー」完成予想図
写真・画像提供、Grand Canal Land
グランド・カナル・ランドのヨーティン・ブンディージャルーン会長兼最高経営責任者(CEO)の画像
グランド・カナル・ランドのヨーティン・ブンディージャルーン会長兼最高経営責任者(CEO)
写真・画像提供、Grand Canal Land
東南アジア最高、高さ615メートルの超高層ビル バンコク地下鉄ラマ9世駅前に建設の画像
東南アジア最高、高さ615メートルの超高層ビル バンコク地下鉄ラマ9世駅前に建設
写真・画像提供、Grand Canal Land
東南アジア最高、高さ615メートルの超高層ビル バンコク地下鉄ラマ9世駅前に建設の画像
東南アジア最高、高さ615メートルの超高層ビル バンコク地下鉄ラマ9世駅前に建設
写真・画像提供、Grand Canal Land
【タイ】タイの不動産ディベロッパー、グランド・カナル・ランド(Gランド)はバンコク都内の地下鉄MRTラマ9世駅前で東南アジアで最も高い超高層ビルを中核とする大規模な複合不動産開発を推進する。

 プロジェクト名は「ザ・グランド・ラマ9」。約12ヘクタールの敷地に、オフィスビル、マンション、ホテル、ショッピングセンター(SC)などを開発する。投資総額約1000億バーツで、6割をタイ国営クルンタイ銀行、バンコック銀行、サイアム・コマーシャル銀行、カシコン銀行というタイの大手商業銀行4行からの借り入れで、残りを自己資金で賄う予定だ。

 超高層ビルの名称は「スーパータワー」。地上125階、高さ615メートル、延床面積32万平方メートルで、高さは東南アジアで最高、世界でも上位10位に入る。建物の安全確保のため、超高層ビルを得意とする米大手建築設計事務所スキッドモア・オーウィングズ・アンド・メリルを建設コンサルタントとして迎える。2019年完工を目指す。

 このほかに、▼オフィスビルの「ザ・ナインス・タワー」(地上36階と地上34階の2棟、2013年第2四半期に開業)▼英蘭系日用品大手ユニリーバのタイ本部ビル(地上12階)▼オフィスビルの「Gランド・タワー」(地上26―36階)▼マンションの「ベル・グランド・ラマ9」(地上27―43階の8棟、計2000戸)▼ショッピングセンターの「ザ・ショップス・グランド・ラマ9」▼4つ星ホテル(客室数285)――などを開発する。

 建設地はタイ証券取引所(SET)の新本部ビル、タイ国営メディア会社MCOTの本社ビル、在タイ中国大使館などに近く、Gランドはバンコクの新都心として開発を進める。

 Gランドの2014年上半期総売上高は18・1億バーツ、最終利益は2・4億バーツだった。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイ王室財産管理局が所有する在タイ日本大使館隣接地の借地開発権をタイの大手財閥タイ・ジャルーン・コーポレーション(TCC)が獲得した。

チャオプラヤ川沿いで大規模複合不動産開発 タイ財閥CPなどnewsclip

【タイ】バンコクのチャオプラヤ川沿いで、大規模複合不動産プロジェクト「アイコンサイアム」の開発が始まった。

バンコクのチャオプラヤ川岸に高層マンションとホテル タイ中合弁でnewsclip

【タイ】タイの不動産開発会社カントリー・グループ・ディベロップメントは中国の建設会社、北京建工国際建設工程と合弁で、バンコクのチャオプラヤ川岸にホテル2軒と73階建ての高層マンションを開発する。

【タイ】ホテルオークラグループのホテル運営会社JALホテルズ(東京都品川区)は2017年にバンコクで「ホテル・ニッコー・バンコク」を開業する。

バンコク地下鉄シリキットセンター駅前にオフィスビルとホテルnewsclip

【タイ】タイの大手財閥TCC傘下の不動産ディベロッパー、ゴールデン・ランド・プロパティ・ディベロップメントはバンコク地下鉄MRTのクイーン・シリキット・ナショナル・コンベンション・センター駅前にオ...



新着PR情報