RSS

中国エイズ感染は累計49.7万人、すでに15.4万人死亡

2014年12月2日(火) 02時07分(タイ時間)
【中国】中国のエイズ患者数が累計で50万人を迫る規模に拡大した。今年10月末時点で合計49万7000人に上る。すでに15万4000人が死亡した。「世界エイズデー」(12月1日)を翌日に控えて、国家衛生計画生育委員会の王国強・副主任が報告した。

 国内の感染状況について、◆一部エリアで多発しているものの、全体的に小規模な流行状況が持続していること、◆母子感染、医療器具使い回しによる感染が減少する一方、性交渉を通じた拡散が増勢にあること、◆学生層と高齢者層の感染が増えつつあること、◆ウイルスキャリアと発病者の数が急増していること――などの特徴があると指摘。今後も感染防止に取り組むスタンスを強調した。

 同委員会によると、今年10月は中国全体で3999人がエイズ 発症し、1148人が死亡したという。

 中国本土では、1985年に1人目の感染患者が確認された。
《亜州IR株式会社》


新着PR情報