RSS

安踏体育用品、董事長の国外逃亡報道を完全否定

2014年12月7日(日) 22時51分(タイ時間)
【中国】スポーツシューズ生産・販売の安踏体育用品(ANTAスポーツ・プロダクツ:2020/HK)は4日、福建省泉州市国税局の蔡俊偉・前局長の汚職事件に絡み、同社の丁世忠・董事長が国外に逃亡したとの一部メディア報道を否定する声明を発表した。

 丁董事長は平常通りに出社していると強調した。正確な報道をするようメディア側に要請するとともに、事実性を欠く報道に対しては法的措置も辞さないと補足している。

 福建省を拠点とする同社は、専売店舗7757カ所を展開(2013年末)。北京、広州、韓国ソウルにはデザインセンターを保有する。知名度では本土最大手の李寧(2331/HK)と並ぶ。ローエンド・ミドルエンド運動用品を主力とし、大衆スポーツ用品市場をけん引。自社ブランド「安踏(ANTA)」でシューズやウエアなどスポーツ用品を生産・販売する。フィリピンやシンガポール、ベトナムにも販売拠点網を擁する。一部業務からは撤退。08年5月、経営不振の「アディダス」「リーボック」販売業務を手放した。09年、中国オリンピック委員会と代表選手団向けのユニフォーム提供などで4年間のスポンサー契約を結んだ。

 同社株は4日午前11時24分(日本時間)から売買を停止中。
《亜州IR株式会社》


新着PR情報