RSS

中国:8大高級車ブランドの印象調査、レクサス車主は「海外留学帰国者」

2014年12月8日(月) 12時24分(タイ時間)
【中国】高級乗用車8大ブランドを対象としたイメージ調査が中国で展開された。

 8大ブランドを「レクサス」「インフィニティ」「メルセデス・ベンツ」「BMW」「ボルボ」「ランドローバー」「アウディ」「キャデラック」と定義。各ブランドとそれを保有するオーナー層を形容する合計118語句を選び、それぞれの印象をまとめたという。中国民間リサーチ機関の胡潤研究院がこのほど結果を発表した。

 レクサスに関しては、オーナーの社会的身分は「海外留学帰国者」「外資企業幹部」など。性格面では、「家庭を重視する傾向がある」「成り金でなく堅実派」などと報告した。主に男性が保有し、その年齢層は幅広いと分析した。

 インフィニティに関しては、社会的身分で「富裕層子息」「映画スター」など活発なイメージが定着。「ホワイトカラー」が保有し、性格面では、新しいものを受け入れやすい傾向があると総括した。性別や学歴に関係なく、若い世代を中心に人気が高いという。

 このほか、ベンツのオーナーの社会的身分は「企業家」「高品位」「成功者」のイメージが強い。性格面では、「成熟」「重厚」「責任感が強い」「品質追求」「屋外行動を好まない」の傾向があった。

 BMWオーナーの社会的身分は「成り金」「富裕層子息」「専業主婦」「官僚などの愛人」。物の品質を重視し、活発な性格であると分析した。

 ボルボ車主の社会的身分は「公務員」「専門家」「富裕層子息」。性格面では「重厚」「家庭重視」「熱愛」「倹約家」などと形容された。

 ランドローバー車主の社会的身分は「成り金」「ニューリッチ」「富裕層子息」「映画スター」「ホワイトカラー」「政府職員」。性格面では「活発」「粗雑」「個人重視」「責任感に乏しい」と分類された。

 アウディ車主の社会的身分は「政府職員」「国営企業幹部」「公務員」。性格面では「成熟」「重厚」「優雅」「任感が強い」「屋外行動を好まない」などが選ばれた。

 キャデラック車主の社会的身分は「企業家」「外資企業幹部」。社会的な成功者が多いという。

 一方、8大ブランドを保有する家庭の平均資産は880万人民元(約1億6800万円)に上っていた。これら家庭の年収は平均で105万人民元(約2000万円)に達する。これら高級車オーナーの平均像は、若年(30歳代)、高学歴、高収入。平均年齢は33.5歳、男性が全体の76%を占めた。全体の1割は、3年を超える海外生活の経験を持っている。

 各ブランドの特徴としては、高級車オーナーのなかでも家庭資産でBMWが最高の1130万人民元(約2億1600万円)、インフィニティが最低の644万人民元(約1億2300万円)という結果が得られた。アウディ、レクサス、ランドローバーは約900万人民元。BMW、ボルボ、キャデラックは800万人民元を超えている。このほか、教育レベルを示す学歴に関しては、ボルボで比較的に高く、ランドローバーで低い傾向がみられた。

 胡潤研究所は中国在住の英国人経済ジャーナリスト、ルパート・フージワーフ氏(中国語名:胡潤)が創設したリサーチ機関。
《亜州IR株式会社》


新着PR情報