RSS

客室乗務員に熱湯、「爆破する」「降ろせ」 タイ機内で中国人男女大暴れ

2014年12月14日(日) 15時53分(タイ時間)
【タイ】11日、バンコクから南京に向かっていた格安航空タイ・エアアジアFD9101便の機内で中国人乗客が暴れ、女性客室乗務員に熱湯をかけてけがをさせる騒ぎがあった。

 タイ・エアアジアによると、騒ぎを起こしたのは中国からのツアー客の男女で、乗機した際、互いの席が離れていたことを不服とし、大声で騒いだ。客室乗務員が隣同士の席に移したが、2人はその後も不満の声を上げ続け、このうち、女性が機内で購入した熱湯の入ったインスタントヌードルを女性客室乗務員に投げつけた。機長はトラブルを受け、ドンムアン空港に引き返し、男女と同行者の計4人を降ろして、空港の警察署で話し合い、「友好的な結論」に達したという。同機は当初予定の約5時間遅れの午後10時45分にドンムアンから再度離陸し、12日午前4時10分、南京に到着した。

 インターネットに投稿された写真やコメントによると、この男女は機内で、「爆破する」、「自殺する」、「降ろせ」などと大騒ぎし、ドンムアン空港で機内に乗り込んだ警官に連れ出された。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】4月16日、バンコク発北京行きのタイ国際航空TG674便の機内で、乗客の中国人3人がけんかし、1人が機内食のナイフとフォークで襲われてけがをした。

【中国】北京市朝陽区雅宝路の服飾店に、約1週間前から「中国人立入禁止(従業員を除く)」と書かれた張り紙が貼られ、物議を醸している。

【タイ】タイ国立チェンマイ大学は4日から、外国人観光客がキャンパスに自由に出入りすることを禁止し、電気自動車による有料の構内ツアーに参加することを義務付けた。料金は大人50バーツ、子供20バーツ。

【タイ】来タイ者数が急増している中国人とロシア人について、タイ観光庁(TAT)が観光関連業者と地域住民を対象に行った意識調査で、「声が大きい」「ルールを守らない」など両国人に対する芳しくない評価が...

【タイ】18日未明、パッケージツアーでタイ東部パタヤ市を訪れた中国人観光客11人が、旅行会社が予約したホテルを不満として、パタヤ警察署で座り込む騒ぎがあった。

特集



新着PR情報