RSS

タイの2大政党、支持率きっ抗

2014年12月15日(月) 15時11分(タイ時間)
【タイ】タイの私立バンコク大学が12月8―11日にタイ国内で実施した世論調査(回答者1206人)で、タイの2大政党の支持率は反タクシン元首相派の民主党27・4%(9月調査時27・4%)、タクシン派のプアタイ党26・9%(同23・5%)だった。

 「支持政党なし、わからない」は35・7%(同38・5%)。

 首相候補者の支持率はプアタイ党のインラク前首相が26・6%(9月調査時22・3%)で1位。民主党党首のアピシット元首相は25・1%(同24%)だった。

 「総選挙実施にふさわしい時期」を尋ねた質問では、「すべての改革が終了した時点」が54・4%、「2015年末」26・3%、「2016年初め」7%だった。

 プラユット軍事政権が進める新憲法の制定については、「新憲法案の国民投票を希望する」が71・2%、「希望しない」が12・4%だった。

 タイでは2013年10月から、タクシン派政権打倒を目指す民主党主導のデモがバンコクなどで拡大。2014年1、2月には数万人がバンコクの主要交差点を長期間占拠した。軍は治安回復を理由に、5月に戒厳令を発令、クーデターでタクシン派政権を倒し、全権を掌握した。

 軍政の強権発動で、タクシン派と反タクシン派の衝突は収まり、市民生活は平穏を取り戻した。しかし、クーデターから半年経っても、両派の和解に向けた政治社会改革の道筋は見えていない。戒厳令による政治活動の禁止、報道統制、不敬罪による投獄なども続いている。
《newsclip》

注目ニュース

長女が双子の女の子出産 タクシン元首相、祖父にnewsclip

【タイ】6日、バンコク都内の病院で、タクシン元首相(65)の長女のピントーンターさん(32)が双子の女の子を出産した。タクシン元首相にとって初孫。

不敬罪で禁錮2年半、タクシン派前下院議員に実刑newsclip

【タイ】タクシン元首相派政党プアタイのプラシット前下院議員が今年5月7日の演説で王室を批判したとして、不敬罪に問われた裁判で、タイ刑事裁判所は3日、被告に禁錮2年6カ月の実刑判決を言い渡した。

タイのアピシット元首相、米国大使らと会談newsclip

【タイ】タイの2大政党のひとつである民主党のアピシット党首(元首相)が活動を活発化させている。



新着PR情報