RSS

レンゴーのタイ合弁、インドネシアの段ボール・紙器メーカー買収

2014年12月19日(金) 02時37分(タイ時間)
【インドネシア】タイ王室系素材大手サイアム・セメントは18日、段ボール、紙器を製造するタイの合弁会社タイ・コンテナーズ・グループがインドネシアの段ボール・紙器メーカー、インドリス・プリンティンドの株式90%を約2億9000万バーツで取得したと発表した。

 インドリス・プリンティンドはジャカルタ郊外に工場があり、年産能力8000トン。2013年の売上高約1億5300万バーツ。

 タイ・コンテナーズ・グループは2013年に、インドネシアの段ボールメーカー、プリマコル・マンディリを買収している。

 タイ・コンテナーズにはサイアム・セメントが70%、レンゴー(大阪市北区)が30%出資。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】レンゴー(大阪市北区)は7日、段ボール、紙器を製造するタイの合弁会社タイ・コンテナーズ・グループがタイの段ボール製函メーカー、D―イン・パックの全株式を取得したと発表した。

【タイ】レンゴー(大阪市北区)は14日、段ボール、紙器を製造するタイの合弁会社タイ・コンテナーズ・グループがタイの軟包装メーカー、プレパック・タイランドの株式22%を取得したと発表した。

【ベトナム】レンゴー(大阪市北区)は4日、100%子会社のセッツカートン(兵庫県伊丹市)がベトナムに段ボールケース製造会社を設立したと発表した。

【インドネシア、タイ】レンゴー(大阪市北区)は17日、タイの合弁会社タイ・コンテナーズ・グループがジャカルタ郊外に工場を持つ段ボールメーカー、プリマコル・マンドリの株式90%を取得したと発表した。

特集



新着PR情報