RSS

バンコクの寺で発砲 警官が元交際相手射殺し自殺か

2014年12月21日(日) 18時29分(タイ時間)
【タイ】18日昼ごろ、バンコク都プラカノン区の仏教寺院タマモンコン寺の境内で、警官の男(37)が衆人環視の中、元交際相手で妊娠3カ月の女性(21)を拳銃で撃ち、倒れた女性を乗用車に乗せて走り去った。

 翌19日午前2時ごろ、北部ナーン県の山中で、この男と女性が乗用車の車内で頭に銃傷を負い死亡しているのが見つかった。女性はバンコクで撃たれた際に死亡し、男はナーン県の現場で拳銃自殺したとみられている。

 調べによると、2人は5、6年前から交際していた。女性は1年前に売春あっ旋容疑で逮捕され、男が保釈保証金20万バーツを支払い保釈された。女性はその後しばらく、バンコク都内の警察官舎で男と暮らしていたが、5カ月ほど前に別居し、別の男性と交際していた。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイのテレビ報道によると、4日夜、バンコク都内クルンカセーム通りのフアチアオ病院の職員寮で発砲事件があり、病院職員のタイ人男性(42)が死亡、看護師助手のタイ人女性(27)が重体となった。

発砲で夫婦と次男死亡、無理心中か タイ北部newsclip

【タイ】21日朝、タイ北部ウタイタニ県の民家で、住人のタイ人男性(52)と妻(38)、次男(13)の3人が銃で撃たれ死亡しているのがみつかった。

【タイ】タイのテレビ報道によると、17日、タイ中部ナコンパトム県の民家で、住人のタイ人男性(39)とペットのダルメシアン種のイヌが銃で撃たれ死亡しているのがみつかった。警察は男性がイヌを道連れに無...

特集



新着PR情報