RSS

無理心中か タイ各地で女性殺害相次ぐ

2014年12月23日(火) 00時37分(タイ時間)
  の画像
  
写真提供、Volunteer Rescue Thailand
  の画像
  
写真提供、Volunteer Rescue Thailand
【タイ】22日朝、東北部ナコンラチャシマ市の自動車販売店で、従業員のタイ人女性(24)が元交際相手の自動車整備工のタイ人男(44)に拳銃で撃たれ死亡した。

 男は店に入り、デスクワーク中の女性の横に立って復縁を求めたが、無視されると、拳銃を抜いて、女性に3発発砲した。倒れた女性を抱き上げて、店の前に止めた乗用車の助手席に乗せ、走り去ったが、市内の別の場所で車を止め、銃口を自分の口に入れて発砲し、重体となった。

 女性が銃撃される様子は販売店内の防犯カメラで撮影され、タイのテレビで放送された。犯行当時、2メートルほど離れた隣りのデスクに別の女性従業員がいたが、無事だった。 

 同日正午ごろ、タイ国営石油会社PTTのタイ中部アユタヤ県の研究開発センターで、職員のタイ人女性(25)がタイ人男(24)に拳銃で頭などを撃たれ死亡した。男は女性を射殺した後、自分の頭を撃ち、重体。

 調べによると、男は被害者の女性に仕事で知り合い、交際を求めていた。事件当日は、年末年始の休みに一緒に旅行に行こうと女性を誘い、女性が断ったところ、拳銃を抜き出して発砲した。

 一方、タイ南部のプーケット島では18日午後、ホテル客室で、別のホテルに勤務するタイ人女性(29)が首を絞められ死亡、この女性と交際していた南部トラン県の男性村議(43)が服で首をつり死亡しているのがみつかった。室内には村議が母親に宛てた遺書とみられる手紙があった。2人は17日深夜にチェックインしていた。

 調べによると、村議は妻帯者で、女性とは不倫関係だった。女性は最近、外国人男性と交際を始めていたということで、女性に別れ話を切り出された村議が女性を絞殺した後、自殺したとみられている。

 タイ東部チョンブリ県シラチャーでは同日午後、バイク修理店店主の男性(37)が店の浴室に閉じこもって自分にガソリンをかけ火を放とうとし、通報を受け駆けつけたボランティア救急団体の職員らが消火器で火を消して、男性を取り押さえた。男性に大きなけがはなかった。男性は母親が妻を自宅から追い出したことで気分がふさぎ、焼身自殺を図ったとみられている。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】18日午前1時ごろ、タイ東部チョンブリ市のタイ料理店「バーンセーンスク」前で、チョンブリ県行政体職員のタイ人男(51)が事実婚の妻のタイ人女性(38)とドイツ人男性(51)を拳銃で撃ちけが...

【タイ】18日昼ごろ、バンコク都プラカノン区の仏教寺院タマモンコン寺の境内で、警官の男(37)が衆人環視の中、元交際相手で妊娠3カ月の女性(21)を拳銃で撃ち、倒れた女性を乗用車に乗せて走り去った。

【タイ】タイのテレビ報道によると、4日夜、バンコク都内クルンカセーム通りのフアチアオ病院の職員寮で発砲事件があり、病院職員のタイ人男性(42)が死亡、看護師助手のタイ人女性(27)が重体となった。

発砲で夫婦と次男死亡、無理心中か タイ北部newsclip

【タイ】21日朝、タイ北部ウタイタニ県の民家で、住人のタイ人男性(52)と妻(38)、次男(13)の3人が銃で撃たれ死亡しているのがみつかった。

【タイ】タイのテレビ報道によると、17日、タイ中部ナコンパトム県の民家で、住人のタイ人男性(39)とペットのダルメシアン種のイヌが銃で撃たれ死亡しているのがみつかった。警察は男性がイヌを道連れに無...



新着PR情報