RSS

大和総研など、「ヤンゴン証券取引所」設立で合弁会社

2014年12月25日(木) 01時39分(タイ時間)
【ミャンマー】ミャンマー財務省傘下の国営ミャンマー経済銀行と日本取引所グループ、大和証券グループのシンクタンクである大和総研の3者はミャンマー初の証券取引所「ヤンゴン証券取引所」の設立準備会社を合弁で設立する。23日、合弁契約に調印した。

 合弁会社は「ヤンゴン・ストック・エクスチェンジ・ジョイントベンチャー」(資本金約37億円)。2015年中の証券取引所開業を目指す。
《newsclip》

注目ニュース

【シンガポール】日本取引所グループとシンガポール取引所は4日、両取引所市場の発展及びプロモーションの共同推進に係る趣意書を締結した。

【ミャンマー】東芝は3日、KDDIと共同で、大和総研からモジュール型データセンターを受注したと発表した。2015年開設予定のミャンマーの証券取引所向けで、同国最大の都市ヤンゴンに設置される。

特集