RSS

中国:家電のアフターサービス、消費者満足度は5割以下

2014年12月25日(木) 18時37分(タイ時間)
【中国】中国消費者協会はこのほど、主要家電産業の製品に対する消費者の満足度や苦情状況、購買能力などについてまとめた報告書を発表した。

 それによると、消費者の満足度は、製品に対してが6割、アフターサービスに対してが5割に満たないという結果だったという。中国経済網が24日付で伝えた。

 調査の対象になったのは、冷蔵庫、洗濯機、エアコン、テレビ、給湯器の5種類。報告書によると、消費者の苦情内容では、「品質問題」が42.6%でトップ、「決められたサービスの不履行」が17.8%、「サービスの質が悪い」が10.4%など。また、アフターサービスに関しては、「苦情の窓口が使いにくい」(29.8%)、「処理に時間がかかる」(19.9%)などがあった。

 また製品の故障率は、洗濯機と給水器が20%以上、テレビ、エアコン、冷蔵庫ががそれぞれ17.4%、17.1%、15.1%だった。

 購買能力に関しては、店頭販売では1000~3000人民元(2万~6万円)が主流だったが、3000人民元以上の製品の需要も旺盛。冷蔵庫やテレビでは5000人民元(10万円)以上のニーズも目立ったという。
《亜州IR株式会社》


新着PR情報