RSS

ID、ミャンマーでIT技術者育成

2014年12月28日(日) 18時51分(タイ時間)
【ミャンマー】インフォメーション・ディベロプメント(ID、東京都千代田区)は情報技術(IT)インフラ構築技術者の育成学校、ITスタッフのアウトソーシング(業務の外部委託)などを手がける合弁会社を2015年2月をめどにミャンマーのヤンゴンに設立する。

 新会社は「インフィニティ・インフォメーション・ディベロプメント」(予定)。資本金50万ドルで、ID側が49%、ミャンマーでソフト開発などを行うインフィニティ・グローバル・ソルーションズが51%出資する。
 
《newsclip》

注目ニュース

【ミャンマー】帝国データバンクの調査でミャンマー進出が判明した日本企業は2014年10月末時点で280社で、2010年の52社、2013年の156社から急増した。新たな進出企業は日通商事、熊谷組、...

【ミャンマー】NTTデータは18日、日本の貿易手続き・通関システムであるNACCS(輸出入・港湾関連情報処理システム)とCIS(通関情報総合判定システム)を活用したミャンマー版NACCS/CISの...

【ミャンマー】情報通信研究機構(NICT)は15日、ミャンマー語の日・英自動翻訳システムを世界で初めて開発したと発表した。

【ミャンマー】GMOインターネット(東京都渋谷区)は1日、ミャンマーにインターネットのドメイン登録、ホスティング、電子証明書などのサービスを手がける合弁会社を設立し、事業を開始したと発表した。

【ミャンマー】住友商事ときんでんはヤンゴン市内にある技術者養成学校ガバメント・テクニカル・インスティテュート(GTI)・インセインキャンパス内に職業訓練教室「サクラ―インセイン・テクニカルコース」を...

特集



新着PR情報