RSS

不二製油、シンガポールに研究開発拠点

2014年12月29日(月) 20時20分(タイ時間)
【シンガポール】不二製油(大阪府泉佐野市)は2015年3月をめどに、同社初の海外の研究開発拠点をシンガポール南西部のサイエンスパーク2に開設する。

 名称は「アジア研究開発センター」。アジアでの製品、アプリケーション、市場開発機能を集中させ、現地のニーズに合わせた製品研究・開発を行う。投資額400万ドル、人員約20人を予定。
《newsclip》

注目ニュース

【シンガポール】参天製薬(大阪市)は12日、アジアで頻発する眼科疾患の治療薬の開発に向け、シンガポールの国立研究機関であるシンガポール眼科研究所(SERI)と共同研究を行うと発表した。

【シンガポール】富士通は15日、シンガポール科学技術庁、シンガポール・マネジメント大学と、都市などの社会課題解決のためのソリューションの創出を目的とした5年間の包括共同研究契約を締結したと発表した。

【シンガポール】IHIは4日、シンガポール科学技術研究庁と包括的研究開発契約書に調印したと発表した。化学、情報通信、生産技術、バイオメディカルなどの分野で革新的な開発を目指す。

【シンガポール】NTTデータは1日、シンガポールに研究開発拠点NTTデータ・イノベーション・ラボラトリーズ・シンガポール、インドネシアにスマートコミュニティーに関する研究開発拠点NTTデータ・イノ...

【シンガポール】NECは9日、シンガポールに研究拠点「NECラボラトリーズシンガポール」を開設したと発表した。NECの研究所は日本、北米、欧州、中国に次ぐ5カ所目。

特集



新着PR情報