RSS

バンコク―空港間高架鉄道、28日に停電で運休

2015年1月5日(月) 02時43分(タイ時間)
【タイ】バンコク都内と郊外のスワンナプーム空港を結ぶ高架電車エアポートリンクが12月28日午後1時20分から午後4時にかけ、停電のため、フアマーク駅―バーンタプチャーン駅間の運行を停止した。

《エアポートリンク》
2010年8月に正式開業。全長28キロ、全8駅で、スワンナプーム空港とバンコク都内を15―30分で結ぶ。運営はタイ国鉄(SRT)子会社のSRTエレクトリファイドトレイン。開業から1年も経たない2011年3月、都内と空港をノンストップで結ぶ特急の運行が部品不足で5日間停止したほか、2012年5月にも、部品不足で一部車両が使用出来なくなった。2014年4月には、前年の5月に公募で社長に就任したピーラカン社長が経歴詐称で解任された。同年8月、車両のオーバーホールや新規導入、部品の手配、線路の保守整備などに問題があることが発覚。整備のため、運行できる車両の数が減り、運行本数が減少した。
《newsclip》

注目ニュース

【アジア、タイ】オンラインホテル予約サイト大手ホテルズドットコムが世界の主要都市の空港から市内までのタクシー料金を調べたところ、最も安かったのはバンコクだった。

路線バス炎上、けが人なし バンコクのドンムアン空港前newsclip

【タイ】23日午後3時20分ごろ、バンコク都内のドンムアン空港前のウィパワディランシット通り上り車線で、路線バスが炎上、全焼した。けが人はなかった。

【タイ】29日朝、バンコク都内と郊外のスワンナプーム空港を結ぶ高架電車エアポートリンクで、故障で一部車両の速度が通常の半分に落ち、午前8時半から午前10時にかけ、運行全体に遅れが出た。



新着PR情報