RSS

シク教テロ組織の脱獄囚か タイ東部パタヤで逮捕

2015年1月6日(火) 15時49分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、www.royalthaipolice.go.th
【タイ】タイ治安当局は5日、テロリストの脱獄囚とみられるパキスタン国籍の男をタイ東部パタヤ市の民家で逮捕したと発表した。

 逮捕されたのはシク教国家「カリスタン」の樹立を目指してインド北西部パンジャブ州などで活動する組織「ババル・カルサ」幹部のジャグタル・シンハ・タラ脱獄囚とみられる。シンハ脱獄囚は1995年にパンジャブ州で起きた同州首相ら十数人が死亡した爆破テロ事件の実行犯の1人として1996年にインドで逮捕、投獄された。2004年に脱獄。2014年9月、同脱獄囚がタイに潜入した疑いがあるとインド政府からタイ政府に連絡があり、タイ治安当局が警戒を強めていた。

 「ババル・カルサ」はインド政府によりテロ組織に指定されている。日本の公安調査庁によると、「ババル・カルサ」はパンジャブ州でのテロのほか、日本人2人が死亡した1985年の成田空港手荷物爆発事件、同事件と同じ日に起きたトロント発ロンドン行きインド航空機爆破テロ事件(乗客、乗員329人死亡)、2005年にニューデリー市内の2カ所で発生した映画館爆破テロ事件などを実行したとされる。
《newsclip》

注目ニュース

テロ容疑者100人カレンダー タイ当局が作成newsclip

【タイ】タイ当局はタイ深南部のテロ容疑者100人の顔写真と氏名を掲載した2015年のカレンダーを作成し、配布を始めた。



新着PR情報