RSS

横河電機、ベトナムの発電所向け制御システム受注

2015年1月7日(水) 16時37分(タイ時間)
【ベトナム】横河電機(東京都武蔵野市)は7日、ベトナム電力公社(EVN)がベトナム北部のタイビン省に建設するタイビン石炭火力発電所向けの制御システムを東芝プラントシステムから受注したと発表した。

 タイビン石炭火力発電所は発電容量30万キロワットの発電ユニット2基(総出力60万キロワット)で、2017年10月に第1ユニットを稼働する予定。

 横河電機が受注したのは発電所全体の制御監視を行う統合生産制御システムとプラント情報管理システム。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】電源開発(Jパワー)は1日、同社が90%出資するタイの発電事業会社ガルフJP・NSが開発運営するタイ中部サラブリ県ノンセンのノンセンガス火力発電所2号系列(出力800メガワット)が同日営業...

【ベトナム】住友商事は26日、ベトナム国営電力会社ベトナム・エレクリシティが同国南部チャビン省ズエンハイ地区で計画している超臨界発電所「ズエンハイ3拡張石炭火力発電所」(発電容量688メガワット)...

【ミャンマー、タイ】丸紅は10日、ミャンマーで環境負荷が低くエネルギー効率が高い石炭火力発電事業の検討を始めることでミャンマー電力省と合意したと発表した。

【マレーシア】IHIは2日、同社をリーダーとするコンソーシアムがマレーシアの超々臨界圧石炭火力発電所の設計・調達・建設を請け負うフルターンキー契約を締結したと発表した。

【ラオス】日立三菱水力は6月30日、メコン川の支流でラオス中部を流れるナムニアップ川に建設されるナムニアップ1水力発電所の機電設備工事一式を受注したと発表した。

【マレーシア】三井物産は4日、マレーシア政府100%出資のファンドと共同事業会社を設立し、マレーシアで超々臨界石炭火力発電所を建設・運営すると発表した。総事業費は約33億ドル。

【カンボジア】丸紅は2日、カンボジアで発電・送電事業に参入すると発表した。



新着PR情報