RSS

吉利汽車が英国に工場建設へ、「ロンドンタクシー」生産

2015年1月8日(木) 11時57分(タイ時間)
【中国】民間自動車メーカーの吉利汽車HD(175/HK)は英国に工場を建設する計画だ。

 次世代の「ロンドンタクシー」を生産する。総投資額は1億5000万ポンド(約270億円)を予定しているという。明報が7日、英メディアの報道を引用する形で伝えた。

 報道によると、吉利汽車は2013年下期に工場建設の準備に着手。計画は英政府の全面的な支持を得ているという。ただ、建設地や生産能力などの詳細は未定とされる。

 一方、報じられた投資額が大きいことから、財務面での負担を懸念する声も浮上してきた。中国での新車販売の減速やロシアの通貨安を受け、吉利汽車が厳しい経営を強いられているため。同社は昨年末、2014年12月期(本決算)の業績悪化を警告し、純利益が前年比で半減するとの弱気見通しを示している。

 吉利汽車は2013年初めに英国に進出。英国名物の黒塗りタクシー「ロンドンタクシー」を生産するマンガニーズ・ブロンズを買収した。2014年には、英国の電気自動車(EV)メーカー、エメラルド・オートモーティブを傘下に収めている。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【タイ】タイ運輸省は12日、バンコクのタクシー運賃の引き上げを認可した。13日から適用される。

【アジア、タイ】オンラインホテル予約サイト大手ホテルズドットコムが世界の主要都市の空港から市内までのタクシー料金を調べたところ、最も安かったのはバンコクだった。

【シンガポール】ソフトバンクは4日、スマートフォンを利用したタクシー配車サービスの東南アジア最大手グラブタクシー(本社、シンガポール)に2億5000万ドル出資し、同社の筆頭株主になると発表した。

【タイ】バンコク大学が11月7―9日、バンコク郊外のスワンナプーム空港の出発ロビーで、15歳以上の外国人を対象に実施したアンケート調査(回答者1044人)で、「タイを再訪するか」との質問に、91・8...

特集



新着PR情報