RSS

中国:李首相がダボス会議出席へ、首相出席は6年ぶり

2015年1月9日(金) 13時33分(タイ時間)
【中国】スイスで毎年1月に開かれる世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)に、中国の李克強・首相が出席することが分かった。

 中国の首相が出席するのは、リーマン・ショック直後の2009年以来、6年ぶりのこと。海外で中国の景気減速に懸念が強まっているほか、独占禁止法を通じた外資系企業の締め出しが警戒されるなか、李首相自らこうした懸念の払しょくに乗り出す考えという。外電が8日、消息筋情報として伝えた。

 09年のダボス会議には、当時の温家宝・首相が出席。世界的な景気後退が進むなかでも、「中国は8%前後の経済成長を維持する」との強気の姿勢を示した。中国はこのダボス会議が開かれる数週間前、4兆人民元の景気刺激策を実施する方針を発表している。

 今年のダボス会議は、21~24日の日程で開かれる予定だ。
《亜州IR株式会社》

特集



新着PR情報