RSS

中国:重慶がノートPC世界最大拠点に、6500万台生産でシェア4割

2015年1月9日(金) 13時33分(タイ時間)
【中国】重慶市が世界最大のノート型パソコン(PC)生産地に成長した。2014年通年の生産台数は6500万台。世界全体の4割を占めたという。中国広播網が8日付で伝えた。

 一定規模を超えるノートPC企業の生産額は2500億人民元(約4兆8000億円)に拡大。市全体の工業品生産額に占める比率は13.5%に達した。輸出入額は市全体の37%に相当し、2200億人民元を超えている。
《亜州IR株式会社》

特集



新着PR情報