RSS

中国:スマホ大手の小米がインドで攻勢、実店舗販売を開始へ

2015年1月11日(日) 14時56分(タイ時間)
【中国】海外市場の本格開拓に向けて、中国新興スマートフォン(スマホ)メーカーの北京小米科技(シャオミ)がインドで新たな取り組みに着手する。

 9日付の文匯報によると、現地通信キャリア最大手バーティ・エアテルの営業店で、廉価版モデル「紅米(Redmi)」の販売を開始する予定。まず6都市の133店舗で「紅米Note 4G」を販売。消費者の反応を見て、さらに多くのモデルを投入する計画だ。

 海外進出戦略を進める小米は昨年7月、インド最大級のECコマースサイト「Flipkart.com」を通じて同国に参入。その後わずか半年で、国内1000都市に顧客を抱える規模に成長したという。

 中国で展開する事業モデルと同様に、実店舗でも販売を行うことで、インドの顧客がさらに増えると期待されている。なお、インドは中国、米国に次ぐ世界3位のスマホ市場。米調査会社IDCの調査によると、13年のスマホ販売台数は4400万台に達し、前年の約3倍に急増した。

 ただ、インドでの事業展開には不安もくすぶる。これより先の報道によると、小米はインドで特許ライセンス料などを巡る訴訟を抱え込んだ。デリー高等裁判所は昨年12月、小米製の低価格端末の輸入、販売を15年2月5日まで停止するよう命令。スウェーデンの通信機器大手エリクソンによる特許侵害の申し立てを重視し、法的措置をとったことを明らかにしている。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【中国】パソコン世界最大手メーカーの聯想集団(レノボ・グループ:992/HK)は30日、携帯端末大手モトローラ・モビリティの買収が完了したことを明らかにした。

【タイ】セガサミーグループのインデックス(東京都品川区)はタイを中心に東南アジアでモバイルゲームの配信・運営事業を展開する。

【中国】中国の新興スマートフォン(スマホ)メーカー、北京小米科技(シャオミ)の財務状況が初めて公開され、その利益率の低さが話題となっている。

【中国】世界で最も販売台数が多いスマートフォン(スマホ)で、中国メーカーが上位5社のうち3社を占めたことが分かった。

仏スマホのWiko、タイで販売開始newsclip

【タイ】フランスのスマートフォン(スマホ)メーカー、Wikoがタイで販売を開始した。7モデルで、販売価格は2490―7990バーツ。



新着PR情報