RSS

車5台に100人、タイ南部で不法入国容疑者逮捕 ロヒンギャ族か

2015年1月13日(火) 03時16分(タイ時間)
【タイ】1月11日未明、タイ南部ナコンシータマラート県の路上検問で、ピックアップトラック3台など車5台に乗ったミャンマーのイスラム教徒少数民族ロヒンギャ族とみられる男女97人と車を運転していたタイ人の男2人が不法入国、不法入国ほう助などの容疑で逮捕された。

 車を運転していた別の男らは車を乗り捨てて現場から逃走した。

 逮捕されたロヒンギャ族とみられる男女は全部で98人で、狭い車内にすし詰めにされ、数日間食事を取っていなかったとみられ、女性1人はすでに死亡していた。男性2人も血液感染などで13日までに死亡した。

 調べによると、ロヒンギャ族とみられる男女はボートでタイ南部パンガー県に上陸し、人身売買業者の手配した車で南部ソンクラー県に向かっていた。

 同8日朝、パンガー県沖で、タイの漁船がタイ警察の船から銃撃され、船体に銃弾30発以上が命中した。けが人はなかった。救援に駆けつけたタイ海軍の船が警察船に事情を聞いたところ、漁船をロヒンギャ族の難民船と勘違いし、停船させるため銃撃したと釈明した。

 ロヒンギャ族はミャンマー西部に居住。ミャンマー政府による迫害と貧困で、1970年代後半からバングラデシュなどへ数十万人単位の難民が流出した。2007年ごろからは船でタイ、マレーシアに密入国を図るケースが増えている。

 タイ政府は過去数年、領海内に入ったロヒンギャ族の難民船を沖に曳航して置き去りにしたなどとして、欧米の人権保護団体やメディアから批判を受けた。
《newsclip》

注目ニュース

ロヒンギャ族難民か タイ南部で252人逮捕newsclip

【タイ】アンダマン海に面したタイ南部ラノン県の海岸近くで8日、ミャンマーのイスラム教徒少数民族ロヒンギャ族とみられる男女252人が密入国容疑で逮捕された。

タイ南部で密入国容疑者50人逮捕、ロヒンギャ族かnewsclip

【タイ】タイ当局は11日未明、南部パンガー県の天然ゴム園を捜索し、ミャンマーのイスラム教徒少数民族ロヒンギャ族とみられる男女51人を密入国容疑で、一緒にいたタイ人の男2人を密入国ほう助の疑いで逮捕...

【タイ】11日、タイ南部サトゥン県の海岸に、ミャンマーのイスラム教徒少数民族ロヒンギャ族の難民とみられる男性219人が乗った船が漂着した。タイ当局は男性らに水と食料を与え、12日、タイ領海外に送り...

【タイ】タイ当局は5日、タイ東北部サケーオ県アランヤプラテートのカンボジア国境近くで、不審なピックアップトラックを追跡、停車させ、車内にいたタイ人の元警官の男と、中国籍のウイグル族とみられる男3人...

【タイ】タイ警察によると、3月にタイ南部ソンクラー県の天然ゴム農園で逮捕された密入国容疑者230人の約4割が中国籍のウイグル族であることが16日までに確認された。残る6割についても確認作業を進めて...

特集



新着PR情報