RSS

三井物産、カンボジアでゴム植林・ラバーブロック加工

2015年1月15日(木) 00時25分(タイ時間)
【カンボジア】三井物産は13日、カンボジアでゴム植林、ラバーブロック加工・輸出事業に乗り出すと発表した。

 三井物産が49%、カンボジアでゴム植林・加工、精米などの事業を手がけるマクキムホン・グループが51%出資する合弁会社がカンボジア中部のコンポントム州の土地約1万ヘクタールの使用権を取得し、ゴム植林、ラバーブロック加工を行う。生産したラバーブロックはタイヤメーカーなどに直接販売する。

 天然ゴムを加工したラバーブロックは中国、インドなど新興市場での自動車需要増加を背景に年率4、5%の伸びが期待される。一方、ゴム植林、ラバーブロック加工は労働集約型の事業で、現在の主要産出国であるタイ、マレーシア、インドネシアでは人件費の上昇が課題となっている。三井物産はこうした状況を受け、人件費が安いカンボジア、ラオス、ミャンマーなどでラバーブロック事業の展開を目指す。
《newsclip》

注目ニュース

ゴム・プラスチック製品のイースタン・ポリマー、タイ証取上場newsclip

【タイ】ゴム・プラスチック製品を製造するイースタン・ポリマー・グループが24日、タイ証券取引所(SET)に上場した。

【タイ、マレーシア】東洋ゴム工業(大阪市)は18日、日産自動車がタイで生産するピックアップトラックの新型「NP300・ナバラ」の新車装着用タイヤに同社のマレーシア工場製のタイヤが採用されたと発表した。

不法植樹のゴムの木大量伐採 タイ南部の国立公園newsclip

【タイ】タイ軍事政権は19日、警官、兵士ら約500人を動員し、タイ南部クラビ県の海岸近くで、国立公園の土地に不法に植樹されたゴムの木多数を伐採した。

【タイ】米日用品大手キンバリークラーク傘下でタイで医療用ゴム手袋などを生産するセイフスキン・メディカル&サイエンティフィック(タイランド)は2014年末で閉鎖し、従業員約3000人を解雇する。

特集



新着PR情報