RSS

14年10~12月の世界PC出荷は2%減、レノボが首位キープ=IDC

2015年1月15日(木) 13時04分(タイ時間)
【中国】米調査会社IDCはこのほど、14年第4四半期(10~12月)の世界パソコン(PC)出荷台数が前年同期比で2.4%減少したと報告した。

 全体で8080万台に低迷したという。ただ、減少率はIDC予想の4.8%を下回っている。スマートフォンなどモバイル端末のユーザーが増えるなか、PCの需要が圧迫された。

 こうした逆風が吹いたにもかかわらず、聯想集団(レノボ・グループ:992/HK)の出荷台数は4.9%増の1604万台を確保。シェア上位の各メーカーはいずれも出荷台数を伸ばしている。

 メーカー別のシェアは、レノボが19.9%で首位を維持した。前年同期の18.5%から1.4ポイント拡大している。2位以下には、ヒューレット・パッカード(HP)の19.7%、デルの13.5%、エイサーの7.7%、アップルの7.1%が続く。うち最も高い伸びを示したのはアップルで、出荷台数は前年同期比18.9%増の575万台に達した。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【中国】海外市場の本格開拓に向けて、中国新興スマートフォン(スマホ)メーカーの北京小米科技(シャオミ)がインドで新たな取り組みに着手する。

【中国】新興のスマートフォン(スマホ)メーカーとして、急速に販売を伸ばしている北京小米科技(シャオミ)だが、足元では今後の成長に疑問を投げかける話題が続いている。

【中国】世界で最も販売台数が多いスマートフォン(スマホ)で、中国メーカーが上位5社のうち3社を占めたことが分かった。

特集



新着PR情報