RSS

タイのマラリア患者、14年1・1万人

2015年1月15日(木) 13時31分(タイ時間)
【タイ】タイ保健省によると、2014年にタイ国内で確認されたマラリア患者は1万1439人で、3人が死亡した。

 人口10万人あたりの感染数が最も多かったのは南部ヤラー県で382・2人、次いで北部ターク県222・6人、メーホンソン県211・2人、東北部ウボンラチャタニ県188・4人、南部ラノン県186・2人だった。
《newsclip》

特集



新着PR情報