RSS

中国:航空機の非常口ドアが突然開く、搭乗客の誤操作で

2015年1月16日(金) 17時51分(タイ時間)
【中国】重慶江北国際空港で12日、搭乗客の男性が機体の非常口ドアを誤って開ける事件が発生した。乗務員によってその場で空港警察へ通報された男性は、取り調べを受けたのち、35万人民元(約659万3000円)の罰金を科せられている。京華時報が15日付で伝えた。

 非常口ドアオープン事件は12日午後6時30分、ラサ発重慶行きの西部航空PN6272便が重慶江北国際空港に着陸し、429番スポットへ停止したのちに発生した。非常口横の座席に着席していた中年男性が非常口ドアを開放し、脱出用スライダーが空気圧によって展開した。男性は、「機体が完全に停止したので、目の前のドアを開けていいと思った」と供述している。

 航空警察は、この行為を誤解による誤操作に当たると判断。航空機の安全運行に重大な影響をもたらさなかったとして、警告と罰金を科すのみにとどめた。男性はすでに35万人民元の罰金を支払ったという。

 民間航空業界に詳しい専門家は、「機体の非常口ドアが開放された場合、経済的損失は大きい」と指摘する。1度展開すると再利用できない脱出用スライダーの再装着費、その作業に要する空港停留費の延滞料と、航空整備士の人件費、搭乗客に対する遅延補償費など、少なくとも10万人民元(187万9000円)を超える損失になるという。

 またネットユーザーは、「航空機の脱出用スライダー価格表」を自身のミニブログにアップロードした。これによると、脱出用スライダーの本体価格は搭載する機体によって異なり、ボーイング737型は8万人民元(約150万3000円)、エアバス320型は9万2000人民元(約172万9000円)、エアバス330型は19万人民元(約357万円)、ボーイング777型は20~25万人民元(約375万8000~469万8000円)、エアバス380型は30万人民元(約563万7000円)となっているという。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【タイ】11日、バンコクから南京に向かっていた格安航空タイ・エアアジアFD9101便の機内で中国人乗客が暴れ、女性客室乗務員に熱湯をかけてけがをさせる騒ぎがあった。

【中国】北京市朝陽区雅宝路の服飾店に、約1週間前から「中国人立入禁止(従業員を除く)」と書かれた張り紙が貼られ、物議を醸している。

特集



新着PR情報