RSS

タイ・チャーター便会社の運航許可取り消し 韓国に750人置き去り

2015年1月20日(火) 00時24分(タイ時間)
【タイ】タイの民間航空会社ビジネスエア・センターが運航許可が15日で失効したため16日のバンコク―ソウル(仁川国際空港)便の運航を中止し、同社のチャーター便で韓国を訪れていたタイ人旅行者約750人が帰国できなくなった。

 このうち300人についてはツアー会社が帰国用の航空券を手配した。残る450人はタイ国際航空が特別機を出して連れ帰る見通しだ。

 ビジネスエアは2008年設立。ボーイング767型機3機でタイと中国、韓国、日本などの間でチャーター便を運航していた。しかし、このうち2機は整備不良で運航停止処分を受け、さらに、資金不足を理由にタイ運輸省民間航空局が運航許可を取り消した。

 ビジネスエアは空港管制を担当するタイ国営企業エアロノティカル・レイディオ・オブ・タイランドに1737万バーツの未払金があり、支払いに応じていなかった。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイの民間航空会社PCエアのエアバスA310型旅客機が16日から、燃料代、駐機料などの不払いで、韓国の仁川国際空港で離陸を拒否され、タイ人ツアー客約450人が帰国できない騒ぎとなった。この...

【タイ】タイ民間航空局が8日、タイの航空会社シティエアウェイズの運航許可を、機体整備など安全面に問題があるとして、取り消し、同社のチャーター便でプーケットから香港に戻る予定だった中国人約370人が...

特集



新着PR情報