RSS

14年のタイ自動車生産24%減、188万台

2015年1月22日(木) 00時57分(タイ時間)
【タイ】タイ工業連盟(FTI)自動車部会がまとめたタイ国内の全自動車メーカーの2014年の自動車生産台数は前年比23.5%減の188万7台だった。内訳は乗用車が30.7%減の74万2678台、1トンピックアップトラックが16.4%減の111万4778台。

 2014年のタイからの完成車輸出台数は前年並みの112万8102台だった。完成車、部品などを含む自動車関連の輸出総額は3.6%増の7810.9億バーツ。

 2014年12月の生産台数は乗用車6万3533台(前年同月比1.8%減)、1トンピックアップトラック8万7343台(同4.8%減)など合計で15万3669台(同3.3%減)。

 完成車輸出は8万9146台(同1.4%増)。完成車、部品などを含む自動車関連の輸出総額は584.8億バーツ(同6.4%減)だった。
《newsclip》

注目ニュース

【中国】前年比で伸びを確保したものの、日系自動車メーカーの中国新車販売が2014年に伸び悩んだ。中国新車市場の成長鈍化が顕著となるなか、大手はそろって苦戦を強いられている。

【タイ】米調査会社JDパワーが実施した「2014年タイ自動車商品魅力度(APEAL)調査」で、トヨタとマツダがそれぞれ4部門で1位になった。

【タイ】米調査会社JDパワーがまとめた2014年のタイの自動車初期品質調査(IQS)で、8部門中4部門でホンダが首位に立った。

【ベトナム】米市場調査大手JDパワーがベトナムの自動車正規販売店のアフターサービス(整備、修理など)を調査した「2014年ベトナム自動車サービス満足度(CSI)」調査で、トヨタ自動車が1000点満...



新着PR情報