RSS

中国:令計画氏の汚職実態が明らかに、京都には別荘保有

2015年1月23日(金) 19時18分(タイ時間)
【中国】胡錦濤・前国家主席の側近で汚職容疑で失脚した令計画・共産党統一戦線工作部長(全国政治協商会議副主席と兼任)とその家族による腐敗の内幕が徐々に暴かれつつあるようだ。

 令ファミリーが手がけるビジネスは不動産、鉱業、広告、私募ファンド、インターネット、交通など多岐に及んでいたという。なかでも山西省の石炭利権を掌握していたとされる。複数の香港メディアが伝えた。

 令氏の妻、谷麗萍は前鉄道部部長の劉志軍・受刑者(13年7月「執行猶予2年付きの死刑」が確定)が主導した鉄道部の重大汚職事件にも関与が取り沙汰されていた人物。高速鉄道網の整備事業に絡み、40億人民元の不当な利益を得たとの報道もある。谷は5年前に非営利を目的とした非公募ファンド「瀛公益基金会」を立ち上げ、公益の名目で各地の不動産プロジェクトに投資。上海だけでも30億人民元以上の利益を上げたとされる。また四川省では周永康・前政治局常務委員(兼政法委書記)の資産管理を請け負っていたという。

 令ファミリーが国内外に所有する資産総額は1000億人民元(約2兆円)を上回るとされる。国内では天津、無錫、珠海、太原、大連などに豪華別荘を保有。京都に別荘を保有していたとの情報もある。うち国内資産だけで837億人民元、国外に不法に持ち出された資産は45億米ドル。令氏の自宅の家宅捜査だけでも、賄賂として受領したとみられる金、骨董品、絵画などトラック6台分が押収されたという。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【中国】重大な規律違反に関与したとして、党中央規律検査委員会(中紀委)の取り調べを受けていた周永康・前政治局常務委員(兼政法委書記)に対し、中国共産党は5日までに党籍を剥奪し、刑事責任を追及する処分...

【中国】中国で、上場企業幹部の自殺が続いている。

【中国】中国本土では「裸官(らかん)」と呼ばれる汚職官僚の取締りが本格化している。



新着PR情報