RSS

歩道に建材落下、2人死傷 セントラルエンバシー前

2015年1月23日(金) 20時35分(タイ時間)
【タイ】22日午後11時半ごろ、バンコク都心ウィタユ通りのホテル建設現場で、20階部分から金属製の窓枠が落下して、歩道にいた男性2人と路肩に駐車したトラックに当たり、1人(53)が死亡、もう1人(35)がけがをし、トラックが破損した。

 クレーンで窓枠を吊り上げている最中にワイヤが切れた。

 死傷した2人は建材会社の従業員で、同僚とトラック3台で現場までガラスと窓枠を運び、荷降ろし作業を行っていた。

 事故があったのは高架電車BTSプルンジット駅前の高級ショッピングセンター(SC)、セントラルエンバシー前。セントラルエンバシーは昨年5月に開業したが、SCの上(9―38階)には高級ホテル「パークハイアット・バンコク」(客室数222)が入居する予定で、建設作業が続いていた。
《newsclip》

注目ニュース

SC建設現場でカンボジア人作業員事故死 BTSプロムポン駅前newsclip

【タイ】21日午後3時半ごろ、バンコク都心のスクムビット通りソイ35の大規模ショッピングセンター(SC)建設現場で事故があり、作業員のカンボジア人男性(22)が死亡した。

バンコクの高架鉄道建設現場で足場崩落、9人負傷newsclip

【タイ】20日午後4時50分ごろ、バンコク都ラクシー区のショッピングセンター、ITスクエア前の高架鉄道建設現場で、鉄製の足場が崩れる事故があり、作業員9人が重軽傷を負った。

兄弟げんかで作業員転落死、バンコク郊外の高架電車建設現場newsclip

【タイ】18日午後6時半ごろ、バンコク郊外のサムットプラカン市で、高架電車の建設現場から建設作業員のタイ人男性(28)が転落し、約10メートル下のスクムビット通りで全身を強く打ち死亡した。

【中国】中国当局はこのほど、今年これまでの炭鉱事故などの生産現場での事故死者数や交通事故死者数をまとめた。



新着PR情報