RSS

自動車部品の売上高上位100社、中国企業2社がランクイン

2015年1月26日(月) 11時41分(タイ時間)
【中国】米国のオートモーティブ・ニュースがこのほど発表した「世界の自動車部品サプライヤー100社ランキング」で、2014年は中国(香港を含む)企業2社がリストに入った。

 売り上げ規模で並べている。中国企業で最高は、83位の中信戴カ公司。2年連続で選出されている。順位は13年の92位から9つ上昇した。香港の徳昌電機HD(ジョンソン・エレクトリック・ホールディングス:179/HK)は初めてランキング入り。98位に付けた。

 全体の首位は、独ボッシュ(14年売上高401億8300万米ドル)。これにデンソー(358億4900万米ドル)、加マグナ(343億7500万米ドル)と続いた。

 本部の所在エリアでは、日本が最多で29社。以下は米国の23社、独の19社などの順となった。日本企業ではデンソーのほか、271億2500万米ドルのアイシン精機が5位、156億米ドルの矢崎総業が12位、128億5100万米ドルの住友電工が15位、113億5100万米ドルのジェイテクトが17位、94億8200万米ドルのトヨタ紡織が18位、87億6000万米ドルの日立オートモティブシステムズが20位などに入っている。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【タイ】古河電工グループの古河AS(滋賀県犬上郡甲良町)は9日、ワイヤーハーネスの設計、東南アジア域内の営業・調達統括を担当する100%出資子会社をタイ・バンコクに設立し、7月に業務を開始したと発...

【中国】中国の自動車製造業の日本製部品に対する依存度の高さが独占的支配の体質を生む土壌をはぐくんだ――。

【ベトナム】国際協力銀行(JBIC)は18日、内山工業(岡山市)のベトナム子会社ウチヤマ・ベトナムに三菱東京UFJ銀行と協調融資を行うと発表した。JBICの融資分は490万ドル。

【タイ】 マルカキカイ(大阪府茨木市)は9月をめどに、産業機械、自動車部品などの輸出販売を手がける100%出資子会社をタイに設立する。新会社は「マルカ・エクスポート(タイランド)」(予定)。

【ベトナム】三谷産業(金沢市)は自動車部品向け樹脂成形品を製造するベトナム子会社オレオール・ビジネス・コンポーネンツ&デバイシズの工場を増築する。需要増に対応するためで、投資額は約2・9億円。



新着PR情報