RSS

iPhoneの14年地域別販売シェア、中国が米国を上回る勢い

2015年1月28日(水) 12時41分(タイ時間)
【中国】中国の「iPhone」販売台数が昨年、米国の規模を上回った模様だ。フィナンシャル・タイムズ中国語版によると、アップルは今週にも「中国国内の販売台数が2014年に米国を初めて上回った」と発表する予定という。

 これに先立ちUBSのアナリストは今月、14年第4四半期のiPhone出荷台数について、「中国のシェアが36%と、米国の24%を上回った」と報告している。13年第4四半期のシェアが、中国22%、米国29%だったことを踏まえると、中国シェアの急拡大が裏付けられた格好だ。

 アップルにとって中国は、言うまでもなく有望な市場。同社のティム・クック最高経営責任者(CEO)は昨年10月、中国を訪問した際、「将来、中国はアップルの最大の収益貢献国となり、これは時間の問題にすぎない」と発言。向こう数年以内に、中国国内の販売店数を15店から40店に拡大させる方針を打ち出した。
《亜州IR株式会社》


新着PR情報