RSS

タイにおける企業活動上のセキュリティ事情 (2)企業内犯罪の組織を考察  THAI SECOM PITAKKIJ CO., LTD.

2015年2月1日(日) 13時52分(タイ時間)
タイにおける企業活動上のセキュリティ事情 (2)企業内犯罪の組織を考察  THAI SECOM PITAKKIJ CO., LTD.の画像
タイにおける企業活動上のセキュリティ事情 (2)企業内犯罪の組織を考察  THAI SECOM PITAKKIJ CO., LTD.
佐藤 一 氏 Sentry Guard Div. General Manager
金城 辰哉 氏 Administration General Manager

 タイの会社・工場単位では、以下の5つの犯罪組織形態が介在・浸透している。

1) 「抜き取り」グループ
■外部組織とつながっている事例を多く確認。
■工場では特に、外部組織が内部協力者を各生産ライン、各班に配置。ノルマを課して生産原料、貴金属、レアメタルなどの材料、精密部品、製品・半製品を抜き取らせている。
■社内のリーダー格が収集、運び出しをコーディネート。
■協力者は常駐警備員、購買担当、清掃業など。

2) 「金貸し専門」グループ
■個人もしくは組織。貸し付けが目的。正社員として入社し、一般社員に貸し付ける。必ず「親」が存在。ねずみ講的に取り立て、「子」や「孫」へと組織が発展。
■返済できない社員は上記の「抜き取り」に加担させられるケースも。

3) 「麻薬」グループ
■会社や寮の門前、近所の食堂辺りで売買。工場の中に売買の実行者単位がある。
■代金の滞った社員、持ち金のないものは上記の「抜き取り」に加担させられるケースも。

4) 「賭博」グループ
■合法宝くじの当選番号を利用して、地下で賭博が行われており、かなり一般的な娯楽として全国に浸透している。最近はサッカー賭博なども。
■会社もしくは工場に必ず、外部組織の手先となっている「受付・集金」担当がいる。
■大きく負け越すパターンがほとんどで、最終的に「抜き取り」に加担させられる。

5) 「企業情報販売」グループ
■複数の会社・工場の社員として入社と退職を繰り返し、人数、生産規模、生産品目、管理体制、幹部社員動向、企業機密事項などを調査して組織に売る。人脈構築済み。
■このようなグループは、逮捕者、摘発者に事情聴取しないと判明しない。

 上記のような犯罪の傾向や犯罪組織化に至る背景には、タイ独特の「会社(組織)」と「社員(個人)」の相互関係も一つの要因としてあると考えられる。

会社と個人の相互関係

1) 一般のタイ人には一部を除き、「会社」に対する日本人同様のロイヤルティ(忠誠心)はない。

2) プライオリティ(優先順位)は家族、親戚、友人であり、尊敬すべきは王室、宗教、親。

3) 現代において欲するものは収入、車、住宅、地位、そして居心地の良い(サバーイサバーイな)職場環境、名声。

4) 「会社」はあくまでも生活の糧を稼ぐ手段の場であり、人生の目的ではない。

5) 目先、自分の利になることは自己規制なく行う(傾向にある)。

 ただし、上記の相互関係において「タイ人は責任感がない」と非難したり、「タイ人だから仕方ない」と嘆いても、問題解決にはならない。当該相互関係を踏まえた上で、しっかりと対応策を検討する必要がある。

物理的対策 : 犯罪事案を発生させない「物理的管理体制」を作り上げる。

■セキュリティ監視システムの導入:発生時即応体制の整備構築

■カメラ監視システムの導入:犯罪抑止と事後検証、日常業務監視

■入出管理システムの導入:カードや指紋などで重要エリアを資格要件により規制

■金属・危険物探知装置の導入や持ち物検査の抜き打ち実施:不正な持ち出しをけん制

■ネットワークに関するセキュリティポリシーの策定と実施:会社および個人の重要なデータへの不正アクセスや情報漏えいの防止など。

会社の環境や制度の改善 :犯罪事案を発生させない「待遇、評価制度」の整備と「内部統制」の確立

■「この会社は社員が大事にされている」「気に掛けられている」というムードの醸成

■トップ自らの企業活動理念の浸透とセキュリティ重要性のアピール

■2重チェックやジョブローテーションなどにより不正を誘引する「機会」を減らす、なくす

 上記のいずれも、単独での対策では効果は小さく、複合的・相乗的に考えるべきである。一朝一夕に対策が終わるということはなく、社員が正しく行動し、「不正をしない、できない」という体制とムード・風土つくりを地道に行っていき、社内外で「この会社は管理体制がしっかりしている」「あの会社はセキュリティがしっかりしている」という評判につながればしめたものである。


〈THAI SECOM PITAKKIJ CO., LTD.〉
住所:14 th Floor, CRC Tower, All Seasons Place, 87/2 Wireless Rd. Lumpinee, Phatumwan, Bangkok 10330
電話:0-2685-3999 
Eメール: h_sato@secom.co.th (佐藤)   t_kinjo@secom.co.th (金城) 
ウェブサイト:www.secom.co.th
《newsclip》

特集



新着PR情報