RSS

タイと日本を結ぶ医療活動 バンコク病院と名古屋大学が連携

2015年2月3日(火) 14時49分(タイ時間)
タイと日本を結ぶ医療活動 バンコク病院と名古屋大学が連携の画像
タイと日本を結ぶ医療活動 バンコク病院と名古屋大学が連携
【タイ】バンコク病院などタイ国内外34病院を運営するタイ私立病院最大手バンコク・ドゥシット・メディカル・サービシーズ(BDMS)と名古屋大学が、タイと日本を結ぶ医療活動で連携する。

 バンコク病院は、タイをはじめ東南アジア地域に在住する邦人の健康をサポートするため、名古屋および東海地域に帰国・旅行する患者に対し、名古屋大学(医学部附属病院)をパートナー病院として紹介。一方、日本からは、名古屋大学が紹介する患者を受け入れる。

 今後、タイと日本の両国で円滑に継続治療や診察が受けられるシステムを構築していく。日本の国立大学がタイの私立病院と医療連携を結ぶのは初めての試み。

 1月31日にバンコク病院で行われた調印式には、チャートリー・ドゥアンネートBDMS副社長兼COO(最高執行責任者)(写真右から3人目)、濱口道成名古屋大学総長(写真中央)、在タイ日本大使館の内川昭彦公使(写真左端)らが出席した。
《newsclip》

注目ニュース

タイ株長者番付、プラサート氏が独走態勢newsclip

【タイ】タイの金融雑誌「マネー&バンキング」とタイ国立チュラロンコン大学のチームがタイの個人が所有するタイ証券取引所(SET)とSET2部市場(MAI)の上場株式の時価(2014年9月30日時点)...

バンコク病院チャイナタウン、中華街ヤオワラート通りで開業newsclip

【タイ】12日、バンコクの中華街ヤオワラート通りで、タイ私立病院最大手バンコク・ドゥシット・メディカル・サービス(BGH)が運営する病院「バンコク病院チャイナタウン」が正式に開業した。

バンコク・チェンマイ病院開業newsclip

【タイ】バンコク病院などを運営するタイの私立病院最大手バンコク・ドゥシット・メディカル・サービス(BGH)はタイ北部チェンマイ市に「バンコク・チェンマイ病院」を建設し、11日、開業式典を行った。

特集



新着PR情報