RSS

スマホ市場で小米躍進、2四半期連続で中国販売トップ

2015年2月4日(水) 12時34分(タイ時間)
【中国】北京小米科技公司(XIAOMI.COM)のスマートフォン(スマホ)販売台数が2四半期連続で中国トップに立った。

 2014年第4四半期の販売台数は1570万台に拡大し、市場シェアは12.8%に上昇。前四半期に続いて首位の座を確保したという。米市場調査会社ストラテジー・アナリティクスが2日に報告した。

 2位のアップルは1340万台を販売。中国シェアが10.9%となった。「iPhone」シリーズの最新機種を投入したものの、新興携帯端末メーカーの小米に及んでいない。3位はサムスン電子。1210万台を発売したが、小米の猛攻などを受けてシェアは9.8%に後退した。

 10年に設立された小米は、地元で“中国のアップル”と称される新興のスマホメーカー。低価格とハイスペックを両立させたデザイン性の高い機種で、若者を中心に人気を集めている。2014年の販売台数は6112万台に達し、前年の3.3倍に急増した。売上高は2.4倍の743億人民元(約1兆4365億円)。設立から4年足らずで、携帯端末の世界的な大手へと成長した。15年に入っても、小米の攻勢は続く。1月4日には、廉価版モデル「紅米(Redmi)」の新機種を発表した。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【中国】新興のスマートフォン(スマホ)メーカーとして、急速に販売を伸ばしている北京小米科技(シャオミ)だが、足元では今後の成長に疑問を投げかける話題が続いている。

【中国】海外市場の本格開拓に向けて、中国新興スマートフォン(スマホ)メーカーの北京小米科技(シャオミ)がインドで新たな取り組みに着手する。

【中国】中国の新興スマートフォン(スマホ)メーカー、北京小米科技(シャオミ)の財務状況が初めて公開され、その利益率の低さが話題となっている。

【中国】中国の低価格携帯電話市場で、上位2社の間で激しいシェア競争が行われている。

特集



新着PR情報