RSS

タブレット端末による教育支援システム 富士通、タイの学校に納入

2015年2月5日(木) 01時05分(タイ時間)
【タイ】富士通は2日、バンコクのタイ国立チュラロンコン大学附属模範小中高等学校の教育支援システムを構築したと発表した。中高等学校では2月3日、小学校では4月1日に本格運用を開始する。

 このシステムを使った授業では、生徒がタブレット端末に入力した意見や問題の答えを教員が即座に電子黒板に表示し、クラス全体で共有できる。複数の回答の一斉表示や特定の回答の比較表示も可能。教員は教材、テストの使用履歴、生徒一人ひとりの提出物や授業出席状況、テスト結果などの管理を大幅に効率化でき、学習行動分析結果をもとに、個人の傾向や学習進捗に応じたきめ細かな指導が容易になる。

 1クラス分の生徒用タブレット約40台と教員用タブレット約20台、学習履歴や教材などを管理するためのサーバ1台の構成で、小学校と中等学校にそれぞれ整備した。
《newsclip》

注目ニュース

【ベトナム】富士通とベトナムのIT(情報技術)大手FPTはハノイにITを活用した温室を建設し、農作物の施設栽培を行う。

【シンガポール】富士通は15日、シンガポール科学技術庁、シンガポール・マネジメント大学と、都市などの社会課題解決のためのソリューションの創出を目的とした5年間の包括共同研究契約を締結したと発表した。

特集



新着PR情報